「ほっ」と。キャンペーン

牛、牛。

 私が特に好むのは、リアルなデザインのぬいぐるみです。たとえばこれは、豊富牛乳公社の企画によるもの(体長32cm*)。
b0057682_14253046.gif
 牛乳のキャンペーンのために作られたようです。インターネット・オークションで購入しました。(私はこれ欲しさに初めてオークション利用の登録をしました)

b0057682_14324786.gif その後、牛のぬいぐるみを探し求めているうちに、ドイツのチョコレートメーカー Milka が宣伝用に企画した、シュタイフ(Steiff)社の“Milka Kuh”(体長32cm**)を発見。
 これが、豊富牛乳公社の牛と非常によく似ています。素材は異なりますが、尻尾や蹄から顔の造り・姿勢に至るまで、本当にそっくり。

 両者がまったくの無関係とは考えにくく、おそらく、豊富牛乳の牛は、シュタイフのぬいぐるみを参考にして型紙を起こし、製作されたのではないかと推察。

b0057682_14335629.gif シュタイフ社から同時期に出た“Magda Kuh”もMilka 牛とよく似ていて、型紙はほぼ同じのようです。但し、顔の部分が微妙に違い、Magda Kuh の方が締まっていて華奢です。どこで写真を見てもそうなので、これは私が持っている2体の個体差というわけではないようです。
 この Magda Kuh は、シュタイフ社アニマルシリーズの通常の商品として1999年から3年間製造されていたとのこと。


 そしてこれはドイツのケーセン(Kösen)社の白黒の乳牛(体長39cm)。
b0057682_14355564.gif
 ケーセン社のぬいぐるみは、リアルでありながら、かわいらしく品があります。職人さんが一つ一つ丁寧に作っているということがうかがえます。──カタログを眺めているとどれも欲しくなってしまって、危険。




*:本来首輪はついていない。これは小型犬・猫用の首輪である。元々は猫のために購入した。赤い地に金色のクローバーの葉の模様がかわいくて気に入り、買ったのだが、ごつくてつけ心地が悪そうなので、外してしまった。
**:同時に体長23cmのものも作られた。現在、小さいサイズの方が入手が難しいようである。私も小さい方が欲しかったのだが、取り扱っているところがなかなか見つからず、諦めて大きい方を購入した。
 シュタイフ社はこれまで何種類も牛のぬいぐるみを出していて、リアルなデザインのものとしては、最近では2004年に“Bertha Kuh”という茶色の牛を発売している。
***:ケーセン社のカタログによれば、牛シリーズ用にカウベル付きの首輪が別売されているらしい。

[PR]
by YuyusInstitut | 2005-05-01 14:43 | ぬいぐるみ
<< 仮定法過去の楽しみ バナナの外皮除去の手順に関する... >>