カテゴリ:ぬいぐるみ( 8 )

Steiff Sylter Kuh

 お待ちかねの荷物が届きました。
 ドイツのリゾート地、Sylt島の牛さん。
 1年半ほど前から探していたものです。最近になって企画元が通信販売を始めたのを知って、ドイツからの輸入代行サービスを利用して購入しました。
b0057682_1327049.jpg

 1999年に1500体限定で製造されたものとのこと。
 だめもとで捜索をお願いしていたテディベア専門店に先日伺って、見つかった旨をお伝えしたところ、そんなに前のものが?本当に同一の物?というような反応でした。
 そう言われてみると少々不安になったりもしましたが、大丈夫でした。見かけも製品番号も同一。間違いありません。タグも当時のデザインです。
 初めて見かけたのは1年半ほど前、ドイツのインターネットオークションでした。島の観光プロモーション用に企画されたもののようですし、通常のルートで販売されていなかったのではと思います。(島内のおみやげ屋さん限定など)
 同時期に製造されたMagda Kuh/Milka Kuhと同じ型の色違い。背面にも「SYLT」の文字があります。

 輸入代行サービスは初めて利用。通販サイトで海外発送についての記載を見つけられず(もしかしたら普通に注文すればいいだけだったかも?)、ドイツ語でメールのやりとりなどになったら自信がないなという感じだったので、いわばすがるような気持ちで。
 ドイツ国内販売元〜現地の代行業者までの送料、代行業者〜日本までの送料、通販代行手数料がかかっているはずですが、予想していたよりもかなり安価にすみました。ユーロ安も影響しているかもしれませんが、ともかくほっとしました。
[PR]
by YuyusInstitut | 2012-06-02 13:28 | 未分類

最新牛

Steiff Luise Kuh
b0057682_12471071.jpg
 シュタイフの白黒牛です。たぶんまだ定番商品として販売中。
 顔のあたりがあまり好みでなく、購入まで結構迷いました。体長30cm(しっぽを含めず)。刈り込んだ芝生のようなモヘアがたまりません。
 ところで、牛のぬいぐるみには、全体が牛柄の生地で作られているために、全身まんべんなく適当な白黒ぶちで済ませられているものがしばしばみられ、残念です。やはり、このように牛らしい模様であってほしい。“いいうし”の重要な要素だと思います。
[PR]
by YuyusInstitut | 2011-10-09 12:54 | ぬいぐるみ

丑のうし

Steiff Tierkreiszeichen Ochse:
b0057682_1518076.jpg
 2009年に、干支にちなみ作られたシュタイフの牛さん。2009体の限定品で、私が持っている唯一の“白タグ”シュタイフです。当初は干支のシリーズ化を検討していたそうですが、以降は続いていない様子。
 体長16cm(しっぽを含めず)。元々ははだかんぼうで、木製の台座に足が縫い留められていました。
 のびのびさせてあげたくて、台座から外しました。首のリボンは紅茶店マリアージュ・フレールのスコーンについていたもの。よく似合いそうだったので、着せてみました。
[PR]
by YuyusInstitut | 2011-10-08 15:21 | ぬいぐるみ

あたらしいMagda Kuh

b0057682_1352529.jpg
 やはり買ってしまいました。ドイツ シュタイフ社の“Magda Kuh”です。2006年に登場したという、最新の牛さんです。これで、30cmクラスのシュタイフ牛が4頭になりました。

 前からいる3頭*は、色柄は違っていても素材は同一、型紙もほとんど同一といってよいかと思われますが、このMagdaでは少し変更点がみられます。姿勢、体型、素材、首輪のデザインなどです。

 姿勢については、左側にややひねっていた首が前面に向けられている点です。一般的なぬいぐるみとしてはより自然になったかもしれません。この変化により、体長の表示が32→34(cm)になりました。
 体型の目立つ変更点は、背筋です。以前よりもより凹方向のカーブがゆるくなり、直線に近くなっています。
 素材は、角と蹄だけは以前と同じですが、全身のモヘア地が粗く密生度の低いタイプに、頭頂部と尾の先がカールした毛になり、乳房が化学繊維(?)からウールフェルトに変更されました。
b0057682_1351342.jpg それから首輪。新たに購入する決め手になったところです。カウベルが最大幅3.8cm→5.8cmと大きくなり、表面に模様が入っています。革のベルト部分も幅広になって縁に浅くラインがつき、留め具に“Steiff”のロゴが入りました。ベルは、大きくなったためか、以前のタイプよりもカランカランとカウベルらしい良い音がします。

 体型・姿勢については、以前のタイプの方が動きや優美さを感じられて好きですが、素材の変更で印象も異なるので、満足です。特に鼻・口元あたりがかわいくてたまりません。




*:・Milka Kuh
  ・Magda Kuh(1999版)

  ・Kuh

[PR]
by YuyusInstitut | 2008-09-07 11:07 | ぬいぐるみ

てのひらサイズ牛

b0057682_22445112.gif
 先月入手した牛さんです。Karl社というところの1970年代頃の製品ということです。ドイツ ベルリンからやってきました。
 体長7.5cmとごくちいさな牛。おそらくはデッドストック品だったのでしょう、とてもきれいな状態です。茶白牛もいましたが、黒白の方だけ購入しました。
 素材は‥‥?しっかりと堅くてやや重みがあり、表面は粗く起毛しています。説明には「紙のコンポジション」とありました。
[PR]
by YuyusInstitut | 2006-06-10 22:46 | ぬいぐるみ

白無地牛

 少し前のこと、ドイツ シュタイフ社の牛さん*が新しく1頭やってきました。象牙色無地の“Kuh”です。
b0057682_22283873.jpg

 同じくシュタイフ生まれで柄違いの牛が2頭いるため、ずいぶん迷っていましたが、やっぱりどう見てもかわいい。──で、買ってしまいました。体長32cm。

 この牛は、Magda製造の際に間違った色の生地を使ってしまったものというようなことを、どこかでちらりと読みました。名前もないただの“Kuh”(牛)なのはそのせいなのかもしれません。




*:シュタイフからは、今年茶色の無地牛が出たそうで、実はそれも気になっています。写真によると、顔形や背格好はこの牛ともよく似ていますが、これまでのものよりも大きなカウベルをつけています。むむ、買ってしまう、かも。
[PR]
by YuyusInstitut | 2006-05-26 22:31 | ぬいぐるみ

子牛ちゃん:Steiff“SULLA Kalb”

b0057682_9585945.gif


 写真を見ては、かわいいなあと思いつつも、きっと購入することはないだろうと思っていました。シュタイフの子牛“SULLA Kalb”です。体長約22cm。
 先日、インターネットオークションで落札しました。出品されているのを見つけた時には驚きました。これはかなりのお買得ですよ。もう一人欲しがる人が現れたので、最終的には値段がいくらか上がってしまいましたが、それでもテディベア専門店ではその倍の値で売っていたりしますから。
 状態は新品そのもの。とてもかわいい顔をしています。
[PR]
by YuyusInstitut | 2005-10-15 18:57 | ぬいぐるみ

牛、牛。

 私が特に好むのは、リアルなデザインのぬいぐるみです。たとえばこれは、豊富牛乳公社の企画によるもの(体長32cm*)。
b0057682_14253046.gif
 牛乳のキャンペーンのために作られたようです。インターネット・オークションで購入しました。(私はこれ欲しさに初めてオークション利用の登録をしました)

b0057682_14324786.gif その後、牛のぬいぐるみを探し求めているうちに、ドイツのチョコレートメーカー Milka が宣伝用に企画した、シュタイフ(Steiff)社の“Milka Kuh”(体長32cm**)を発見。
 これが、豊富牛乳公社の牛と非常によく似ています。素材は異なりますが、尻尾や蹄から顔の造り・姿勢に至るまで、本当にそっくり。

 両者がまったくの無関係とは考えにくく、おそらく、豊富牛乳の牛は、シュタイフのぬいぐるみを参考にして型紙を起こし、製作されたのではないかと推察。

b0057682_14335629.gif シュタイフ社から同時期に出た“Magda Kuh”もMilka 牛とよく似ていて、型紙はほぼ同じのようです。但し、顔の部分が微妙に違い、Magda Kuh の方が締まっていて華奢です。どこで写真を見てもそうなので、これは私が持っている2体の個体差というわけではないようです。
 この Magda Kuh は、シュタイフ社アニマルシリーズの通常の商品として1999年から3年間製造されていたとのこと。


 そしてこれはドイツのケーセン(Kösen)社の白黒の乳牛(体長39cm)。
b0057682_14355564.gif
 ケーセン社のぬいぐるみは、リアルでありながら、かわいらしく品があります。職人さんが一つ一つ丁寧に作っているということがうかがえます。──カタログを眺めているとどれも欲しくなってしまって、危険。




*:本来首輪はついていない。これは小型犬・猫用の首輪である。元々は猫のために購入した。赤い地に金色のクローバーの葉の模様がかわいくて気に入り、買ったのだが、ごつくてつけ心地が悪そうなので、外してしまった。
**:同時に体長23cmのものも作られた。現在、小さいサイズの方が入手が難しいようである。私も小さい方が欲しかったのだが、取り扱っているところがなかなか見つからず、諦めて大きい方を購入した。
 シュタイフ社はこれまで何種類も牛のぬいぐるみを出していて、リアルなデザインのものとしては、最近では2004年に“Bertha Kuh”という茶色の牛を発売している。
***:ケーセン社のカタログによれば、牛シリーズ用にカウベル付きの首輪が別売されているらしい。

[PR]
by YuyusInstitut | 2005-05-01 14:43 | ぬいぐるみ