嘔吐。(羊のいる風景) Nr.51-75

 Nr. 51『鈍色の蕾』
 曖昧な夢を見た後は、いつもぼんやりとしてしまう。まるで半分眠っているような感覚でようやく長い一日を終えて帰途につくと、世界は再び夜に転換していた。そして私は今になってはっきりと覚醒しているのだ。
 こんな夜には普段見えないものが見えるのが常である。だから私はしっかりと目を閉じ、ただひたすら耳を澄ませる。


 Nr. 52『斑点のある風景』
 数分前から、彼が気づいて覗き見ているのには気づいていたので、私は仕事をより慎重に進めた。私が感づいているのを彼に感づかれているのでは、と内心で心配しながら。つまり、そこまで詳細に感知・分析処理するには私の技術はまだあまりに未熟なのだ。


 Nr. 53『地底で柵を飛び越える』
 マーゴは熱い紅茶を一杯に詰めた黄色い魔法瓶を取り出すと、肩掛け紐を掴んでものすごい速さで回転させた。その勢いはとどまることを知らず、広場の大噴水はほどなくして完全に破壊されてしまったのである。


 Nr. 54『卵黄投げ』
 一瞬の沈黙の後、掲示板の周りに群れた人々の中から悲鳴や啜り泣きの声が次々に上がった。そしてそれらは不規則に反響し合い、次第に一つの唸りのような形を造りながら膨れ上がっていく。
‥‥一方で、この騒ぎの間にも工場では卵割りの作業が一刻も休まず続けられていた。


 Nr. 55『蟻横町』
 帰り際にすぐ近くの蠟燭屋へ寄るつもりだったのだが、この日履いていた革靴によってそれは妨げられることとなった。私はなおもそちらの方角へ向かおうとしたが、靴は断固として私の親指を噛み続けている。


 Nr. 56『弧を描く牛の流れに沿う』
 白いゴムの自転車は昨日届いたばかりで真新しく、彼の心を軽やかに弾ませる。ペダルを踏んでいると、思わずこみ上げてくる笑みを抑えきれず、しまいには大声で笑いだした。
 ひとしきり笑ってしまうと彼はこぐのをやめて、静かに深く深く息を吸い込む。そして自転車から降りると、道の脇に膝を抱えて座り込んだ‥‥ただ背筋だけは吊られてでもいるようにぴんと伸ばして。


 Nr. 57『甘味』
 カデルはサンドウィッチを素早く手に取り、パンをそっとめくって剥がすと、中の胡瓜とサーモンを取り除いた。そして鞄からピーナッツ・バターと木苺ジャムの瓶を出し、それらをパンにたっぷり塗り付けて挟みなおした。それを食べてしまうもう一つ皿から取って、周囲の困惑をよそにこれも同じようにして食べる。
‥‥結局サンドウィッチのあらかたは彼の胃に収まることとなった。後で皿を見ると、胡瓜とサーモンが花びらのように静かに並んでいたのだった。


 Nr. 58『夜のクリップ806』
 あの日のことは今でもくっきりと思い出せる。その空気の匂いや重さ、そして肌触りさえも。


 Nr. 59『星形脱毛症』
 彼が何か発言する度に、室内を飛び回る蜜蜂の数が増えていくようだった。
 ぶんぶんという羽音は蜂の群れがどこかへ行ってしまっても壁紙にしみとなって残り、その後数週間というもの消えなかった。


 Nr. 60『多孔質』
 蜜蜂の群れを追ってここまで来たが、どうやら完全に見失ってしまったようだ。気がつけば私は森を断つ1本の道に出ていた。その道には乳白色と淡い桃色の2色のタイルが敷きつめられており、ゆるやかに蛇行しながら誘うように森の深部へと続いているのだった。


 Nr. 61『柑橘浴』
 カッルーガ氏の主張(抜粋):結局彼らは、自ら踏み砕いたタイルをそれと気づかずに拾い上げてはいちいち嘆いているにすぎないのです。


 Nr. 62『階段の下』
 395粒めの紫えんどうは古いビーズの瓶にさりげなく混じっていた。早速それを皮袋にしまい込んだそのとき、階段の方からかすかな音が聞こえてくるのに気がついた。眼をこらすと、すばらしくつやつやした大粒の紫えんどう豆が、規則正しい跳躍を示しながら階段を降りてきていた。


 Nr. 63『放物線』
 どうやらこの辺りが湖の中央らしい。ボートからわずかに身を乗り出すと、息が止まりそうなほど澄みきった水の向こうに、見慣れない生物がゆっくりと移動する湖底を見下ろすことができた。
 顔を上げるといつしか霧も晴れていて、私のボートは穏やかな海の表面に浮いていた。陸はどこにも見えない。まもなく完全に日が沈んでしまうだろう。


 Nr. 64『庭木』
 ただこうして考えていても堂々巡りをするばかりなので、気分転換に庭のマルメロの実を採ってしまうことにした。
 実はすっかり熟れ過ぎてしまっていたが、そっともぎ取ると皆柔らかな笑みを返してくるのだった。──もっとも、私がこの後全員を容赦なく砂糖漬けにしてしまうつもりであるということを知るなり、彼らは一様に顔を醜くゆがめ、耳を覆いたいくらいに口汚く罵ったのだが。


 Nr. 65『古い素朴な一日』
「もう遅すぎた」とあなたはつぶやく。するとそれを聞いていたもう一人のあなたが、両手でそっと差し出すように言う。「明確な根拠はあるの?」


 Nr. 66『繭』
 いくぶんわざとらしい空気の動きに反応し目を覚ましてしまったが、分厚いガラス板をはめ込んだ小窓から外を覗くと、まだ夜明け前であるらしかった。私は再び身体をまるめ、目をつぶって枕に頭をうずめた。ここは本当に暖かい‥‥


 Nr. 67『夜のクリップ272』
 私たちはみな小さい鉛の玉を胸にうめたまま息をしています。そして大抵の人はこの先それに気づくこともないのです。


 Nr. 68『ささやかな糖衣』
 最初はほんの誤解にすぎなかったはずが、何か言えば言うほどもつれて絡まっていく。そして一方の枯れ葉といえば、私の隣で何かぽそぽそとつぶやきながら紅茶色に薄く照らされたうろこ雲を見上げ、それに気をとられているふりをしているのだ。


 Nr. 69『その橋は夢とつながっている』
 限界まで気づかぬふりをしていても、いずれは対峙するときがやってくる。しかし、とりあえず今この瞬間だけはそれすらも認めたくない。
‥‥せめてあの角を曲がるまでは。


 Nr. 70『ゴム紐連盟』
 クルツィオが口を開こうとするのを確認するなり、カッルーガ氏は駆け出す。2ブロックめまで過ぎたあたりで加速を強め、そして。



‥‥‥まだ、走っている。何かにひどく腹を立てたままで。


 Nr. 71『バターつきパン』
 迷いは迷いとしてきちんと収納し、それでも残ってしまった分は潔く諦めるべきである。つまるところ人とはそんなものなのだし、左耳が再び歌いだすことなど望むべくもない!


 Nr. 72『氷上の休暇』
「あんな不安定な場所にブロックを積んだのは、一体誰ですか?」
「オーレルです」
 確かに。3つの巨大な氷のブロックを積んだ上にいるのはまぎれもなくオーレルであり、彼はそこで複雑なステップを幾度も幾度も繰り返していた。しかも次第にさまざまに表情を変えながら。
 そう、とても器用なオーレル。


 Nr. 73『グリコーゲンと一緒に』
 彼が塀の上で披露した独特の回転方法はその後密かに──しかし確実に──伝えられ、今日に至っている。一方、ルマ湾の牡蠣たちはあれから心休まることがなくなったのである。


 Nr. 74『横隔膜の反乱』
 ノイカールは、鎧戸の細い隙間から小さな望遠鏡で橋の上を注意深く観察する。そこでは彼の弟たち──双生児のフーリエとムリアクト・ココフ・ポレ・パシュクルール──が色褪せたひよこ(その上いささか育ちすぎている)を通行人に配っているところだった。


 Nr. 75『叫ぼうってわけじゃない!』
 今朝プードルのゴンザレスと一緒に公園を散歩していたら、大きなきのこを見つけました。ばら色のかさをしていて、林檎によく似た強い香りがします。珍しい種類のきのこなのかもしれません。家に持ち帰って調べてみることにしました。けれども、公園を出るあたりで突然きのこが暴れだし、僕の手をふりほどいて逃げてしまいました!
 ところで、そのときに頭を思いきり踏まれたゴンザレスは、まだ怒っています。
[PR]
# by YuyusInstitut | 2002-01-05 09:30 | 羊のいる風景

嘔吐。(羊のいる風景) Nr.26-50

 Nr. 26『コーヒーが沸騰する』
 カッルーガ氏の主張(抜粋):内輪の会話に単なる慰めや脂肪の塊を求めるばかりでは、欺瞞と怠慢が幅をきかせる一方であります。


 Nr. 27『菌糸』
 このきのこは、食すに本当に好ましいものなのか?それを調べるためには結局のところかじってみるしかないのだという彼女の強い主張に負け、私は濃い黄色の傘をした柄の白いきのこを1つ籠から取った。


 Nr. 28『金色の朝ごはん』
 椅子の上でつま先立って可能な限り伸び上がり、ようやく最後の1枚を積み上げた。バターと蜂蜜がたっぷりとしみ込んだふわふわのパンケーキが81枚。それに泡立てた生クリームを添え、熱い紅茶のポットと牛乳、果物を少し。


 Nr. 29『深い穴』
「私が先に立って歩くときにはつまらないものを携えていくわけにはいかない」
 そう、それは多分そんなところから始まったのだ。
 黒檀の柄が付いたシャベルは純銀製で、全員に行き渡るだけの充分な数が用意されていたし、野良もぐらよけの磁石もきわめて高性能の立派なものだった。


 Nr. 30『難解な行進』
 8時4分52秒までは実名を伏せておくというのが本人の強い希望なのだ。そうしないわけにもいくまいよ。‥‥む、君はそれについて何か言いたいことがあるようだね。それともクッキーと牛乳だけでは不満だと表明しているのかな?


 Nr. 31『67回転』
「一体どういうつもり?」と彼女に追求されるも、私には何一つとして答えることができない。しかし、そもそもこの種のさりげない哀しみにはっきりとした輪郭など存在するのだろうか?


 Nr. 32『葡萄の種』
 考えてみるとそれほど大した出来事ではないように感じられた。しかしそれと同時に何か取り返しのつかないことをしてしまったようにも思われるのだった。
 ああ、葡萄畑に朝が来た。‥‥人は、こうこうしたことを忘れてしまうために葡萄の樹を植えるのだろうか。


 Nr. 33『快活な余白』
 私が苛立ちながらも階段を後ろ向きに一段ずつ降りていると、顔色の悪い一人の男が声をかけてきた。
「どうしてまた、そのような下品な模様のネクタイをしていらっしゃるのですか?」
 何の表情も示していない顔ではっきりとそれだけ言うと、男は渦巻く疾風のような勢いで駆け上がっていってしまった。
‥‥もちろん、その日の私はネクタイなどつけてはいなかったのだけれど。


 Nr. 34『歌え!イソギンチャク』
 窓越しに見下ろすと、街は薄闇がかった桃色の光に染められていた。
 生クリームを泡立てる手を休め、私はふと思い浮かべる。彼の部屋が無数の青いガラス片で埋めつくされている光景を。


 Nr. 35『第14次渦巻き時代』
 そのぐんにゃりとした球体は坂道を滑るように登りだし、徐々に速度を増していった。今ならまだ間に合う。彼ならあれを止めることができるだろう。
 しかしそうわかっていても私は動かなかった。それが自分の意志によるものだったのかは今もわからない。


 Nr. 36『嘘つきアントニーノ』
 いささかの躊躇もせず彼は斧を振り下ろす。何度も何度も、力をこめて繰り返し。しかしその度にマシュマロたちは、何気ない風をして刃先をくるりとかわしてしまうのだった。


 Nr. 37『うつむきがちな人』
 私はなおも幾つか言葉を吐き出しましたが、はりねずみは一向にかまわないといった様子で、白い砂をすくっては積む作業を黙々と続けていました。けれどもしばらくすると、その銀色のスコップのさくさくという音が私の胸を少しずつうめていくように思われたのです。
 その夜、私はガラス鉢のウミウシをそっと海に放してやりました。


 Nr. 38『横滑りな人』
 帰宅して包みを開くと、それは注文したものとは違っていた。確かにパイナップルと胡桃入りのクリームチーズを頼んだはずなのに、テーブルの上で億劫そうにこちらをうかがっているのはまぎれもなくゴルゴンゾーラチーズである。
 時計を見ると、もう既に閉店している時間だった。私は毎週金曜の朝食にはパイナップルと胡桃の入ったクリームチーズを食べると決めており、明日はまさに金曜日だ。
 しかたがないのでアルルカン通りのチーズ店を襲うことにした。こういったことには幾つか準備が必要である。まず肉切り包丁を1本取り出して研ぎはじめた。


 Nr. 39『雪と氷』
 先回りしてきた子供たちは争うようストーブの周りに飛びつき、それぞれ床に足をぽんと投げ出すと、すっかり冷えきってしまったそれを手で揉みほぐし、あたためる。扉は既に抜かりなく閂が下ろされ、遅れてきた子供が入れないようにしてあるのだった。


 Nr. 40『プードルの逆襲』
 通りの向こう側で彼女が激しく回転しながら飛び跳ねているのを、彼はのんびりと眺めている。そう、まるで楽しんでいるかのように。


 Nr. 41『夜のクリップ311』
 そのときの私に何よりも必要だったのは、自分の心からこぼれつつあった水銀のごとき疑いの存在を認め、それをはっきりと口に出すことだったのかもしれません。


 Nr. 42『バカロレア』
〔B群〕
a.アヒルが嫌いだったから。
b.自分はアヒルに嫌われている、と以前から感じていたから。
c.実はアヒルを既に殺してしまっていたから。
d.アヒルが毛羽立っているのを許せないという思いがあったから。
e.自分自身もアヒルであるということに薄々気がついていたから。
f.アヒルが愛用している辞書の340ページに大道芸人に関する項目があったため。


 Nr. 43『オペラの楽しみ』
「なんだろう‥‥足元が寒いね。もうコウノトリが追いかけてきたかな?はははは」
「いえ、そんなことはないでしょう。なにしろここは殻の中なのですから。むしろそれよりも頭を悩ませなくてはならないことが、いよいよ始まったようですよ。ほら、あそこから光が漏れだしている」
 本当だった。


 Nr. 44『やる気のない夢想家たち』
 やはり彼からの電話だった。最新型が完成したのでぜひ見にきてほしいというのだ。私がうんざりして曖昧に返答すると、彼は新しいヒトデ採集機に新たに搭載された機能、そしてそれがいかに画期的で優れたものであるかについて、いっそう熱をこめて語るのだった。‥‥私は結局また承諾することになるのだろう。


 Nr. 45『張り子の椅子』
 街は青い闇にすっぽりと包まれた。大通りのオブラート専門店では、新装開店を週末に控え、人々がその準備に追われている。私は彼らに気づかれないよう、少し離れた所から慎重に様子を窺った。
──するとふいに肩の上でちきちきというあの呪わしい音がし、思わず心臓が凍りつく。


 Nr. 46『閉じた歌』
「ほら、すごく簡単なことなんです」
 彼は言い、両の手のひらを素早く返してみせた。
 私も試しに真似てみるが、やはり彼のようにはできない。‥‥数回繰り返してから結局諦めて顔を上げると、私はいつのまにか一人きりで砂ぼこりにまみれていた。


 Nr. 47『昔の声』
 私が泣いても叫んでも、彼は全く聞こうとしないのだった。それどころか、しまいには怒りにまかせてポットからオムレツの皿にコーヒーを注ぎ入れる始末である。
‥‥結局のところ先に限界に達したのは私の方だった。彼は今、あの家で例のテディ・ベアとふたりだけで暮らしている。


 Nr. 48『プラチナの足枷』
 私が贈ったすみれの花束は、しゅうしゅうと音をたてながらたちまちのうちにしおれ干涸び、色を失ったそれは悪意に満ちた──あるいは悪意そのものの──西風に煽られて、どこかへ連れ去られていった。


 Nr. 49『33人の支配人』
 ふいに何かが落ちてきて肩にこつりと当たったので見上げると、一人の少年が窓から干しあんずをばらまいているのだった。振り向けば、あんずに目がない縞模様の犬たちが一団となってこちらへ向かってくるのが見える。


 Nr. 50『星たちさえも息をひそめる』
 毎日午後6時44分に塔の鐘を鳴らすのが私の仕事である。塔は町のほぼ中央に位置し、そのてっぺんからは町全体を見渡すことができる。
 この町に来てからもうすぐ3ヶ月になろうとしている。昼間は自由に時間を使えるので、図書館で本を読んだりコーヒーを飲みに行ったり、のんびりと散歩を楽しんだりしている。美しくも気ままな生活だ。
 夕闇の中私は慎重に時間を見計らい、6時4分きっかりに鐘を鳴らす(1秒の狂いも許されない)。鳴り渡るやいなや、町中の建物という建物の灯すべてがぱたりと死に絶える。そしてきまって6時57分になるとぽつぽつと灯りが再びつきはじめ、ほどなくして元通りになるのである。
 この鐘が何のために鳴らされているのかということを私は全く知らされていない。13分間の闇の中人々は何をしているのだろうか‥‥
 しかしそんなことはわざわざ知る必要もないのである。彼らには彼らの生活があるのだから。そして、今日も私は鐘を鳴らす。時計は6時42分を指していた。
[PR]
# by YuyusInstitut | 2001-08-30 09:21 | 羊のいる風景