人気ブログランキング |

チムリアンの歌

「羊のいる風景」にみられるチムリアンのエピソード。

* * * * * * * * * * *

 Nr. 102『ブルーベリーとクリームチーズ』
 当のチムリアンはというと、退屈してとっくに眠り込んでいた。体を巻き込んでしっぽ(本人が思っているほどに立派ではない)の内側にうずめた、おなじみのベーグルパンスタイルである。


 Νr.112『聖なるかな』
 耳をすますと、チムリアンが高い声で歌っているのがわかった。淡く清らかな旋律が、きらめきながら光の帯をゆっくりとなぞっていく‥‥‥
しかし、それもすぐに断ち切られた。私がこっそり聴いているのに気づいた途端、彼女はぴたりと口を閉じてしまった。深い怒りをたたえたチムリアンの眼の中で、どす黒い炎が渦を巻いている。


 Νr.127『羽毛の詰め合わせ』
 日没までにはなんとか店に辿り着いた。しかし、肝心の林檎のムースは売り切れていた‥‥やむをえず木苺のババロアで間に合わせることにしたのだったが、やはり気に入らないようだ。チムリアンはババロアにちらりと目を向けると、首をわずかに傾け不思議そうにこちらを見た。


 Nr.180『同心円の予感』
 ふいに視線を感じて振り向くと、書架の棚の一角にチムリアンの眼が見えた。身をかわすまもなく、チムリアンが眼から発した光線が私の肩を射抜く。肩越しに壁を見やると、光線がそこに描いた2つの黄色い円の中には、羊歯の葉のような文様がくっきりと浮かんでいた。


 Nr.193『麗しのお嬢さん』
 あわてて「チムリアン!」と呼びかけると、間髪を入れずに鋭い平手打ちが飛んできた。またへまをやってしまった。とっさのことだったので、敬称をつけるのをつい忘れてしまったのだった。その敬称ときたら38文字もあって、私はいまだに暗記できないでいるが──もちろん、チムリアンに言い訳など通用しないのである。


 Nr.247『スポンジ主義』
 シナモンの壜は空っぽだった。蓋が脇に放置されているところをみると、またチムリアンが食べてしまったのにちがいない。私はためいきをついた。地下室にまだストックがあったはずだ。
 シナモンの壜を手に戻ると、ドーナツが消えていた。──裏庭へ出る扉が少し開いている。
 そっとのぞくと、柳の木の下で、ドーナツたちが輪になって跳躍していた。輪の真ん中あたりから、くるくると風向きを変えるような独特の旋律が流れ出る。それは次第に濃くなって……

# by YuyusInstitut | 2019-06-11 19:28 | 羊のいる風景

*Archiv*入り口

b0057682_11244930.gif

 管理人発行のプチ文芸メールマガジン「羊のいる風景」のバックナンバーを公開しております。下記リンクよりお入り下さい。
(「羊のいる風景」とは?→“「羊のいる風景」のこと”

 *  *  *  *

 Nr.1-25  Nr.26-50  Nr.51-75  Nr.76-100

 Nr.101-25  Nr.126-50  Nr.151-75  Nr.176-200

 Nr.201-25  Nr.226-50  Nr.251-75  Nr.276-300

 Nr.300-311

 モーモー・ミニアチュール

 *  *  *  *  *  *

【↓ ※ 現在休刊中です。メルモ版はサービス終了のため廃刊となりました】
 最新のバックナンバーやマガジン紹介ページの閲覧、購読登録および解除手続きは、メールマガジン配信システムのサイトにて行うことができます。
(現在、メールマガジン配信サービス、“メルモ”と“ミニまぐ”それぞれから発行しております。いずれも内容は同じです)


※「羊のいる風景」は携帯端末でも読めるメールマガジンです(iモード デフォルト設定を基準にしているため、1通250字以内で配信されます。もちろんau、SoftBank等他のサービスでも読むことができます)。
 発行頻度は現在のところ不定期です。
 購読は無料で、いつでも中止・再開することができます。また、発行者側には購読登録されている方のメールアドレスは一切わからないシステムになっておりますので、ご安心下さい。
 ミニまぐのWebでも、ミニまぐ版「羊のいる風景」創刊号にあたる「Nr.37」(2001.6.25発行)以降のバックナンバーがすべて閲覧できます。メルモのWebでは最新60号分のバックナンバーが閲覧できます。
⇒ミニまぐはまぐまぐに統合され、2019年4月15日から無料メールマガジンのバックナンバー公開を停止したとのこと。また、メルモは2016年9月30日にサービス終了とのことです。

# by YuyusInstitut | 2019-05-10 21:01 | 羊のいる風景